小メニュー
ヘッダー
 
「地域包括ケア病棟」といってもなかなかピンとこないかもしれません。“急性期から在宅や介護施設等への橋渡しをさせていただくための病棟”でいわば、退院の準備をする病棟です。通常では急性期治療を終了し、病状が安定すると退院になりますが、急性期治療を終了してもすぐに在宅復帰、また施設へ移ることに不安のある患者様に対して、主治医、看護師、リハビリスタッフ、ソーシャルワーカー、その他メディカルスタッフが協力して復帰支援を行い、在宅復帰を目指す病棟です。
急性期治療が終了した患者様が対象となり、在宅または介護施設への復帰を目指している方が対象となります。

1) 入院治療により状態は改善したが、当院にてもう少し経過観察が必要な方
2) 入院治療により病状が安定し、在宅復帰に向けてリハビリテーションが必要な方
3) 在宅での生活にあたり準備が必要な方

※入院期間は必要に応じて異なりますが、地域包括ケア病棟に入院後、最長60日を限度としています。
定められた地域包括ケア病棟入院料を算定します。入院費用は定額製で入院基本料、投薬料、処置料、検査料、画像診断料、リハビリテーションなどの費用が含まれています。

※急性期病棟と同じく医療保険、高額療養費制度の対象となります。
※病衣・おむつ代などの保険診療対象外のものの費用は含みません。
一般的な血液検査、レントゲン検査、投薬治療は可能ですが、急性期病棟のような高額な医薬品の投与や特殊な検査、治療には対応できません。病状の変化のために主治医が集中的な治療が必要と判断した時は、急性期病棟への移動や急性期病院への転院をしていただくことがあります。
1) 地域包括ケア病棟の対象をなる患者様について
2) 退院後の生活や在宅復帰支援について
3) 在宅や施設で療養されている患者様の一時的な入院対応について

その他、入院についてのご相談やご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
地域医療支援センター(地域医療連携室・地域医療相談室)
 ・直通TEL 011-890-0050
 ・直通FAX 011-890-0051
 
医師紹介
看護部
病院機能評価とは、日本医療機能評価機構が第三者の目で、中立・公平な立場にたって病院が地域に根ざし、安心・安全、信頼と納得の得られる医療サービスが、適切に提供されているかどうかを多角的、客観的に評価するものです。一定の水準を満たしていると認められた病院が「認定病院」となります。
 
 

医療法人潤和会 札幌ひばりが丘病院
〒004-0053 札幌市厚別区厚別中央3条2丁目12番1号 TEL.011-894-7070(代表) FAX.011-894-7657
Copyright(c)hibarigaoka hospital All Rights Reserved.